福島郡山市からのリポート vol.22

今回の訪問先は、たまたま町内の人達と行った
私の住む町内から車で、20分ほどの山あいにある
温泉施設です。

*******************************************************************
7月25日(月)4時〜  担当S&U
源田温泉 熊田屋

中学生、幼児、赤ちゃん、高齢者がいらっしゃる4組の家族が
避難されているとのことだったので、行って来ました。

訪問すると、避難者は出かけているので救援物資は、後で配るとのことでしたが、
4歳の男の子と、お年寄りが出てきてくれたので上がることにしました。
男の子はお年寄りの孫ではないが遊んでやっているとのことでした。

箱を開けると、お年寄りは、「やっとボランテアが来たと思ったら本なんか持ってき
て」
と、がっかりされました。

 始めは興味がないようでしたが、男の子為にした、紙芝居2巻と
「おおきなおおきなきいろいひまわり」を、だんだんにじりよってきて楽しんでくれ
ました。

お年寄りが、大きな避難所には、いろいろ届くけど自分には何にもこない。というの
でSさんが、「今から
おおきな避難所へ連れて行ってあげようか」と、いうとすっかりその気になりSさん
がお年寄りの話を聞きながら
いろいろ調べていたので、わたしは男の子と、男の子の家の赤ちゃんと、6歳のお姉
ちゃんの本を選んでいました。

そこへ、入ってきたのが男の子のおばあちゃんで、お年寄りのお嫁さんにあたる人で
した。
(お年寄りは、男の子の曾おばあちゃんだったのです)
その方の、話によると、おおきな避難所でも、次のステップのため整理されていて、
今では
赤ちゃんや子どもの衣類は沢山あるけどお年寄りの物は全くないとのことでした。
「一時帰宅でも、自分たちの物よりばあちゃんの物と思って持ってきたのにねえ」
と、こぼしておられました。

一時帰宅された自宅は、猫の巣窟になっており、他の動物にも荒されてひどい状態
だったそうです。
Sさんは、お年寄りの、私はおばあちゃんのおはなしを沢山聞かせていただきまし
た。

お年寄りには、バスタオルや石鹸などの詰め合わせた入浴セットを、差し出すと顔が
ほころびホッとしました。
箱がきれいだったので、ばらさないで持っていってよかったと思いました。

中学生のご家族は、前日に退去されたとのことでした。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-07-25 22:03 | 郡山


3・11に東北を襲った大地震。わたしは救援物資以外に必要なものは絵本もあると考え届けました。


by minnaonajisora

プロフィールを見る
画像一覧