<   2011年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧

福島郡山市からのリポート vol.10


4月29日、農業総合センターでお話会と絵本プレゼントをしてきました。

uさんからの報告です。


4月29日(金祝)
農業総合センター (担当S・U)
おはなし会(参加大人4・子ども2)
紙芝居 さると蛙のよりあいもち 他

・当地の民話紙芝居をSが方言で演じたがとても喜んでもらった。
・2冊のサイン本にお年寄り2人が感激しておられた。
・文房具や髪止めに、人気が集まった。
・この避難所は、パーテーションもなく避難者どうしの絆も堅いとのことで、来られ
なかった人達の分も、選んでおられた。
・帰りがけ「本ありがとう。子どもがねていたので残念でした」と声を掛けてくだ
さった方がいた。
届けた本の冊数・21冊

*会話が弾み滞在時間が長くなってしまいました、次回が楽しみです。(byU)



帰りがけに駐車場で、警備のお巡りさんにおあいしました。
この方達は、石川県警からみえているそうです。
宿泊は、磐梯熱海温泉で、一週間したらかえるそうです。


oさんからの報告


4月29日
第二次避難所になっている市内の温泉旅館にいってまいりました。
まず旅館組合で話をきき、被災者たちがプライバシーを守れる空間を得られたのはいいが
今度は孤独感から精神不安定になっている方が多い、体調を崩して入院した人も、という話を
温泉地の経営の厳しさとともにうかがってきました。
旅館にボランティアの申し出を届けるので、向こうから要請があったら出かけるようにしました。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-29 23:14 | 郡山

発送(福島、岩手)

とある場所から緊急で救援物資の声がかかり
急遽、集めて岩手に送る。

と、同時に、福島で新たな支援先が続々決まったので
その箱や、いつもUさんが前半の連休で回れる箱を送る。

片付けながら始めた清掃と本のクリーン作業と梱包作業は
気づいたら新聞やさんのバイクが聞こえてきた。


合計で13箱。

店先の使用前、使用後

お店は協力してくれているお店のひとつピコットさん
f0174389_22324667.jpg






f0174389_22325047.jpg




まずはみんなのもとへ。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-28 22:13 | 名古屋から・・

チャドからのテガミ 石巻篇

f0174389_15482331.jpg




チャドは先日私たちが託した10箱を積んで、
たくさんの野菜や、途中魚を仕入れて被災地に向かった。

帰ってからの話を直接聞きたかったけど
偶然会うことができず・・・。

今日ミルに行ったら手紙があった。
両口屋是清の包装紙で作ったミニ封筒。
これがなんだかとてもキュート。

チャドの字は、チャドそのものにみえた。

手紙によると絵本たちは「ピノッチオ」「ひまわり保育園」に届き
ほか避難所の子どもたちにも絵本を選んでもらったらしい。

そのなかで「おばあちゃんが『昔よく読んだ、なつかしい・・・』と感動されたのを見て
泣きそうでした」と書いてある。

うるうるする目のチャドがすぐに浮かび、わたしももらい泣き。

津波で絵本が使えなくなった場所だからみんな喜んだという。

チャド元気かな、どうだったかな。
なんて考えながらミルに向かったから
この手紙はサプライズだった。

ありがとうチャド。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-28 00:44

ジョイセフイベント「母と子の元気市」宮城県山元町

先日、ジョイセフの支援物資第二段に
「みんな、おなじ空の下で」の絵本たちも仲間入りさせてもらいました。
今回で二度目です。

イベント形式で親子さんたちに手渡した絵本たち
ジョイセフの方から報告をいただきました!

4月24日 (日)宮城県 山元町 
***********

宮城県山元町での配付のご報告をさせて頂きます。

今回の配付は「母と子の元気市」の名称で
地元の助産師さんたちが企画をし、
ラジオ・新聞などを通して呼びかけたことで
悪天候にも関わらず700名を越える
住民の方が集まりました。

多くの方々は在宅避難もしくは
仮設住宅に入り立てという状況にあり、
妊産婦さん、小さなお子さんのいる
お母様方も多く、皆さん
今回お届けした物資に大変感謝されていました。

お子さんを連れて来場された親御さんたちが
必死に子どもさんに「ほら、絵本があるよ、よかったね!」
と声をかけられていて、
子どもたちも食い入るように絵本を探していました。

ひとつ、事後報告になり申し訳ないのですが、
山元町での配付中に宮城県気仙沼市と石巻市で
避難所を運営するオタワ修道会から
支援を必要としている子どもがかなりいるとの情報が入り
イシマル様梱包の分の絵本をひと箱、提供させて頂きました。
こちらは、私たちが東北支援活動で連携する
国際NGOオックスファム・ジャパンが
責任を持って届けさせて頂きました。


*****************

ジョイセフのホームページ上でも
写真等と合わせて記事
http://www.joicfp.or.jp/jp/2011/04/23/9056/
※「絵本寄贈に関するお問合わせはジョイセフではなく
kodomiruへお願いします」

f0174389_22203285.jpg

(c)国際協力NGOジョイセフ
f0174389_22191079.jpg

(c)国際協力NGOジョイセフ
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-26 22:12 | ジョイセフ

福島郡山市からのリポート vol.9

郡山「絵本をとどける会」のいつものレポートです。



4月24日の活動報告です。

○ 郡山市 青少年会館

 浜通りから原発避難でいらした方が多い避難所です。
 音楽室に子ども向けスペースがあり、そこでお話会と本のプレゼントをしてきました。
 メンバーはUさん、Sさん、Tさん、Oさんと、私の5名です。
 いきなり男の子に声をかけられました。
 「あれ? 前に会ったことある?」 
 以前、高校の体育館の避難所で会ったことのある子だったのです。
 お話を落ち着いて聞いてくれました。
 
 先程の男の子は、絵本のプレゼントに目を輝かせて、好みの本をさっと選び
 「出かけている友だちの分ももらっていい?」ときくので、
 「選んで、あとで渡してあげてね」と言いました。
 小さな赤ちゃんは、「のりものなあに?」
というページをめくると絵が現れる本が気に入ったようです。
 女の子は、かわいい表紙の本をすぐに選んで、ずっと抱きしめていました。

 赤ちゃんのお母さんは、大人向けの文学作品を
「これ読んでみたいな・・・」とつぶやいていたので、
 ぜひどうぞと手渡してきました。
 詩集を何冊かもっていったものを、一冊一冊手にとって、
最後に気に入った一冊だけとっていかれた大人の方もいました。

 ここは学生などが合宿できる施設ですので、個室があり、食堂で食事もできるので
 体育館などよりは環境が整っています。
 しかし、何回か避難所を移動してこられた方々は疲れが溜まっているようでした。

○ 三春町 町民体育館

 お風呂のあとに、ということだったので、午後4時からのお話会でした。
 体育館のフロアの中に医療ルームや保育スペースや食事スペースが作られ、
 少しでも心地よい空間になるようにと工夫されているところが見られました。
 
 小さな子が5・6人いて、お話をきいていました。
大人の方も後ろの椅子に座っておられました。
 Tさんが「がらがらどん」のお話を木のおもちゃを使って、歌いながら楽しく演じてくれたのが好評でした。
 読書好きな子が絵本や本を嬉しそうに選んでいきました。
 また、避難してきた町の保育士さんが保育スペースにいらしたので
 相談して、保育スペースに小さい子や小学生たち向けの本を
 箱に入れて置かせていただくことにしました。
 また、折り紙やお絵かき帖も大変よろこんでいただきました。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-26 22:11 | 郡山

仙台からリポート vol11 名取市、多賀城と塩釜

仙台Wさんから、いつもの優しいリポートです。
4月25日の報告です。

あみぐるみは、名古屋在住のあみぐるみ作家さんが絵本を送る活動が
始まった時に、すぐにお声をかけてくださり、
お仲間を集めてくださいました。

仙台のWさんや、こちらに支援に入った保育園などに届けています。




f0174389_11471233.jpg




***************************



今日は、東京から絵本を届けて下さったTさんと
倉庫にボランティア出来て下さったWさんと一緒に行きました。


名取市では、

閖上朝市の理事長様と一緒に

NPO災害支援センターウエマツ本部と
名取市文化センターへお届け。
乗用車2台分。


子どもたちにと手作りのヘアゴムを送って下さった方がいらっしゃいましたので、
避難所の中を理事長様と回りました。


理事長様は、名取市の避難所内の
どこに子どもがいるのか、どんな様子なのかも全て把握してらっしゃいました。

今後、朝市のネットワークを活かして南三陸などへもトラックを出して下さるとの事です。



その後、倉庫に戻り、2台に本などを満載し、多賀城と塩釜へ。
以前、お届けした多賀城総合体育館。

天気が良かった為か、外出されている方も多かったのですが、


前回、会った小学生の女の子に会う事が出来ました。

分かる?と声をかけると

「うん!」と元気に答えてくれました。

前回は、表情も曇っていたのですが、
学校が始まった事もあり友達と会えるのが楽しいと笑顔で教えてくれました。

新しい本を持って来たよ!と伝えると、嬉しそうに見ていました。


後ね!と、「あみぐるみ」が沢山入ったバックを開けると・・・
「わ〜!かわいい、かわいい!」って大喜び。

お気に入りを見つけると、「あっちに小さい子いるよ!案内してあげる」っと
私たちを案内してくれました。


年中さんの男の子は、すぐに恐竜の絵本に夢中です。
動物好きの子、乗り物大好きな子。

案内してくれた女の子は、他の子どもたちの好きなものを私たちに教えてくれました。
それぞれに、お気に入りの絵本を手渡しました。


お一人で避難されていた高齢のおばあさま、
「あみぐるみ」を手にすると、優しい表情になり、
うさぎの頭をずっと優しく撫でてらっしゃいました。


廊下で出会った親子さんたちは、
お相撲の「あみぐるみ」を見つけると
「どすこいさん!」っと、すぐに「どすこい、どすこい!」と遊び。
ハンバーガーの「あみぐるみ」には、「おいしいさん、おいしいさん」と、笑顔。


白クジラの「あみぐるみ」を気に入られた年配の女性は、
「ホッとするわ?」と抱きしめたり、撫でたり。。。


カンガルーの親の子の「あみぐるみ」を見つけた親子さんたちも、
すぐに笑顔になり、お子さんとの会話も楽しげでした。


今日、大活躍してくれた「クマのパペットのあみぐるみ」。
どの子もすぐに、笑顔に!
お母さん達にも人気物でした。

今日は、おりがみの本とおりがみを合わせて手渡しでお届け出来、
お母さんの方が夢中になる姿もありました。

避難所の外には、「よさこい」や「仙台すずめ踊り」のイベントもあり、
多くの方がボランティアに来て下さっていました。

また、こちらの避難所には、来週、島根県から本が沢山届く予定があるそうです。


その後、塩釜市の「塩釜ガス体育館」へ。

こちらへは、絵本やマンガ、倉庫に届いた衣類などをお届けしました。

既に、何種類かの本が合ったのですが、
整理がされず混在していたので3人で子どもが見やすいようにレイアウトしてきました。

こちらの避難所は、28日までとの事。

その後、津波の泥を掃除した自宅に戻る方、他に移動される方など様々なようです。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-25 21:18 | 仙台

福島郡山市からのリポート vol.8

すごいタイミングで居合わせたそうです。


***************


今日4月21日(木)、郡山養護学校とビッグパレットで、
Uさん・Sさん・Tさんがお話会と絵本プレゼントをしてきました。

-4月21日(木)一箇所目(郡山養護学校)
担当 Tさん Sさん Uさん

おはなし会 午前10時〜玉置 三瓶
子ども 1 大人 8
絵本 さくら(福音館書店)他

*避難者で子ども達の相手をしているボランティアの女性が「避難所の本は全部読ん
だの」と2冊子ども達と遊ぶためになぞなぞの本など、5,6冊選ばれました。がっ
つりと読み応えのある本を読みたいといっておられたので、今日「かかしの召使い」
「ラークライト」を届けました。
また、子ども達遊べる、しゃぼんだまや、パズルを選ばれました。

*子ども達(幼児は5名)は出かけていて一人参加してくれた子が「がたんごとんがた
んごとん」を、「なつかしいナ」といいながら開いているので「よろしかったら、ど
うぞ」と勧めると、「ちっちゃい子にあげて」と、「ねずみのおいしゃさま」を選び
ました。

*お年寄りの方も、外出している子どものために、それぞれ選ばれました。そして、
ちひろの絵本に歓声をあげておられ「にんぎょひめ」を選ばれました。      
             

2箇所目(ビッグパレット)
担当 Sさん Uさん
おはなし会 午後2時〜
子ども8 大人10数名

どうぶつサーカスはじまるよ(福音館書店)他

*この日の報告の目玉は、総理の予定にないキッズコーナー訪問。おはなし会の最中
などお構いなしの「やあーやー」の声に子ども達全員まわれ右、
おはなし会は、中断。この活動のおかげでいろんな体験をさせていただいてます。

*学校から、帰ってきた大勢の子どもたちが絵本や、ぬりえや、パズルを選びまし
た。また髪をしばるゴムやパッチン止め(沢山あります)に人気が集まりました。

*若いおかあさんが、子どもと一緒に選んでいました。「かぜはどこへいくの」をお
勧めしました。

***********************

ま、うちうちの話によると、
子どもがいま何をしているのかとか
読み聞かせをしているとかを聞いても気にしないで
平気で入ってきたというから
さすが菅総理。やはりそうでしたか。
という印象です^^;

あとで、伺った話によると、長い読み物が欲しいと年輩の方が言われたそうです。
Uさんは次回お持ちしますと言いましたが、気になされたようで
今日、その年輩の方に厚めの読み物を届けてさしあげたそうです。

そういう心配りがある素敵なUさんのお話会。
中断されたから、次回が楽しみでしょうね。^^
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-22 23:57 | 郡山

梱包作業

4月10日
保育園時代からのつきあいの子どもたちが(長女の同級生)
本の選書と梱包作業にきてくれた。

これは、小学生、
これは、うーん。高学年かな。

これおもしろいけど中学からのが絶対いい!


などなど、本好き女子3人が集まれば作業がはやい、はやい。

保育園の支援で岩手の釜石の箱はみんな彼女たちがセレクトしました。
f0174389_5105662.jpg





f0174389_511143.jpg






f0174389_511751.jpg




そして最後はおにぎり。うちの旦那特製。
永谷園のお茶漬けおむすび。
f0174389_5111923.jpg





そして、これがジョイセフの荷物です。
f0174389_5123829.jpg




結局、片付けながら箱を作ってたら
鳥が鳴いていました。><
全部で11箱、今日は出荷します。

箱はジョイセフと、山田町の園と郡山です。


少しだけ寝よう。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-19 05:09 | 名古屋から・・

岩手からのレポート vol2 盛岡市と宮古市

岩手県の友人が独自に絵本を届けてくれました。
岩手に送ってくださった方、彼女がちゃんと届けてくれています。

小さいお子さんがいらっしゃるのに、お手伝いの申し出をしてくれました。
いろいろな気持ちがあるなか届けてくれたことに深く感謝です。
えせさん、ありがとう。


*************************




4月9日土曜日14時。
盛岡市つなぎ温泉にある「ホテル愛真館」へ向かいました。
避難人数は200名ほどです。


大きな温泉旅館なので、避難者は館内外で比較的自由に動き回れているように感じました。
ロビーや売店前の廊下、玄関前で子どもたちがかけっこしたり、階段で遊んでいました。
大人も、ロビーのソファーで一休みしていたり、おしゃべりしていたり、
私が想像していたよりは、ゆっくりできているように思いました。

家族ごとに個室に宿泊できることや、サービスもそこそこ行き届いていることで、安心感もあるのかなぁと思いました。やはり衣食住が保証されていることって大きいですよね。

ただ、地元を離れ、盛岡に避難することを決心した胸中は、大変なものだと想像します。

ロビーには、たくさんホワイトボードが設置され、沿岸地区の仮設住宅の応募案内や、各種手当ての案内など、びっしりと、貼られていました。
ここを見たあとに、再びあたりを見回すと、さきほどから歓談していた大人たち、疲れた様子にも見えました。
やはり、現実はかなり大変そうです。



4月10日、日曜日朝、盛岡市内の避難所「ふれあいランド岩手」へ行ってきました。
人数は100名ほど。盛岡市発表の名簿によると、子どもは10人ちょっと。
ここはプールやジムがあるスポーツ施設です。
被災者の方々は、一階の体育館と、二階の和室に分かれて暮らしていました。
部屋までは入れなかったので、様子はわかりませんが、
ロビーホールでは、子どもが数人走り回っていて、大人もソファで休んだり、
情報集めをしていました。
施設の広さにくらべると、人数が少ないので、ゆったりという感じをうけました。

絵本は、1箱持っていきました。
ロビーに置かれたカラーボックスには、漫画や新聞、絵本などいくらかありました。
折り紙やトランプも持参しましたが、すでにおもちゃも集まっているようでした。

そのあと、車に9箱積み、宮古市へ向かいました。
11箇所を回り、うち6箇所に絵本を渡し、 計8箱を届けました。
(約400さつ)


届けられなかった5箇所については、
・前日までに全員がもう少し大きな避難所へ移ったり、帰宅した
・翌日に閉鎖する避難所であるため支援不要
・避難しているのがほぼ全員お年寄り(2箇所)
・すでにたくさん本があるため不要です。


電話が通じないところもあるため、事前に連絡は取らずに、
避難所情報を見て、人数(合計人数しか発表していないので、子どもの人数不明)
と場所の情報をもとに行く場所を決めて、
向かったため、このように、届けられないところも出ました。
私としては、いろいろな避難所の状況もわかったので、
届けられない避難所でも、伺ったことは無駄ではなかったです。


届け先は以下のとおり
 ・山口小学校 
 ・藤原小学校
 ・磯鶏小学校
 ・河南中学校
 ・愛宕小学校
 ・宮古第二中学校


一ヶ月たっているので、既に他からの絵本、雑誌の支援が入っているとこもあり、
たくさん置くのは避難所のスペースを狭めそうで、
気が引けたので、どこも1〜2ケースずつにしました。
避難所係りの市役所職員の方の話し振りからも、
そんなにたくさんはいらない、という感じを受けましたが
どこの避難所係りの方も、絵本の提供を喜んでくださいました。


だいたいの避難所が、子どもが5〜10人くらいという少人数だったのは予想外でした。
もう少し子どもたちが多いのかなぁと思ってたので。
(前日に避難所情報を集めて、各避難所の全体の人数は把握してたけど、
子どもの人数は発表されてないので、実際行ってみたら、割合が思ってたより少なかった)


各ダンボールごとに、赤ちゃんから小学高学年ほどまでの本を
まんべんなく詰めて(ひと箱に30から40冊)
それを車に9ケース積んでいってきました。
「あー、ノンタンだよ♪」「この本、幼稚園にあったんだよ!」
「どんな本あるかなぁ〜♪」「わぁ、ありがとう!」
など、絵本の段ボールを置いたらすぐに、
駆け寄ってきてくれる子達もいて、私も、うれしくなりました。
お母様が、丁寧にお礼をいってくださったところもありうれしかったです。

絵本のほかに、折り紙やらくがき帳、えんぴつ、あやとり、
ねんどなども送ってくださったかたがたくさんいらっしゃったので、
それもいくらか持って歩いて、随時配りました。
折り紙、トランプについては、だいたいの場所にすでに来ていました。
でも「おりがみの本」も一緒に入れてくれた方がいたので、
これは役に立つと思いました。



ある避難所では、きっと初期のものだったのでしょう、
新聞紙をいっぱい切って、箱にいれてあり、
それを折り紙として使っていた形跡がありました。
もっとはやく行ってあげられたらよかったのに、と悔やみました。

盛岡市内の二箇所の避難所については、来月また訪問してみるつもりです。
絵本を入れ替えたり、補充しようかなと思っています。




宮古市内は、一ヶ月たった今でも、
津波のひどさがわかり、言葉が出ない大変な状況でした。
パトカー、消防車、救急車をはじめ、
たくさんの遠方からの県外ナンバーが見られ、
あぁ、各地から応援が来ているんだなぁと、
全国のみなさんのあたたかい気持ちに触れ、うれしく思いました。

そして、みなさんからの絵本のおかげで、子どもたちの笑顔が見られました。
とても、うれしかったです。みなさん、ありがとうございました。
またこれからも、絵本を届けに行きたいと思っています。
f0174389_395021.gif




f0174389_2592188.jpg





f0174389_2565488.jpg





f0174389_3161530.jpg






f0174389_315473.jpg

[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-19 03:08 | 岩手

「みんな、おなじ空の下で」本を届けています。

桜色の世界に黄緑が見え隠れして
新緑を匂わせる時期がきました。

過ごしやすい日中になり
冬はもういないのだと、つい先頃思いました。


子どもたちは進級をして
あたらしい時間を歩んでいます。
被災地はようやく新学期を迎えたところや
まだまだ迎えられない場所など様々です。

先日起きた地震の被害の方が大きかったという場所もあるようです。
ずっと断水したままでやっと水が来たらあの地震で
結局5日間しか水が出ない、という地域も。

報道には出てこない話がたくさんです。

さて、支援先を報告します。
4月の第1週 岩手の釜石市の7つの園に支援が決まりました。
先週、7つの保育園に絵本や文具を送りました。
詳細はまた報告します。

そして現在、岩手県山田町に11の園の支援が百町森さん経由で決まり
「みんな、おなじ空の下で」のプロジェクト賛同者のみなさんで9園を支援しています。

現在、ジョイセフを通して被災地に送る第2便を調整中です。


明日友人のビストロのオーナーシェフのFUCHITEIふちさんが七ヶ浜に向けて
コンソメスープを5人で持っていくそうです。
七ヶ浜はWさんが何度も足を運んでくださっている場所なので
遊べる絵本と文具などをいれて一箱お願いしようと思います。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-18 18:07 | 名古屋から・・


3・11に東北を襲った大地震。わたしは救援物資以外に必要なものは絵本もあると考え届けました。


by minnaonajisora

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじまり
お知らせ
仙台
郡山
いわき市
会津若松
福島県 川俣町
岩手
新潟
他地域
ジョイセフ
本棚支援
名古屋から・・
トランスパレント支援
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧