カテゴリ:名古屋から・・( 8 )

柔らかくなる瞬間

f0174389_1831721.jpg





いつだって、緊張しているわけではないけれど
でも、最近、物忘れがひどくて
そういう意味で脳に緊張を強いている。

強いている割に能率が悪く
予定していたことの半分もできないことも多い。
それを、わたしは40代になったから、それを理由に自分なりに消化している。

今日届いた郵便物は、緊張感を強いられている脳も
単純に喜びに浸った時間をもたらした。

ひとつはある方からのお礼状とともに
お母様の手づくりのバックとポーチ。
その方は、被災地にたくさんの手づくりの鞄を
送ってくれた。
私は何も送っただけなので、何もしていないのにと思いつつ
バックもポーチも嬉しくて胸に抱きしめた。

その方が作られるバックは、丈夫で軽くて、しかも小さく折畳める。
プロのような美しい縫い目。
どこに送っても喜ばれるというお声が出る。

もうひとつは福島で支援させていただいている養護学校から。
なかには、高等部の生徒さんから直々のそれは素晴らしい文面のお礼状と
校長先生からの丁寧なお礼状。
そして窓口となってくださった方からの学校での取組みの様子とお礼状。


実はお礼状は初めてではない。
最近、毎日のようにどこかしらお礼状が届く。

それを拝読するたびに、私は泣いてしまう。
1階部分全部泥の海になっている幼稚園の写真など
正視できなかった。

どうしてジャングルジムがこんだけしか見えてないんだろう。
車が屋根しか見えてないよ。
もし、子どもがいたらとぞっとした。

でも、最後には綺麗になりました。という建物の写真や
子どもたちのピカピカの笑顔の写真を送ってくださり
心底ほっとして、その笑顔に泣かされた。
こうして書いたあとでも、ピカピカの笑顔と書いていいものかと躊躇もする。

高等部の生徒さんからの手紙などそれは立派なのだ。
季節の挨拶から結びまで完ぺきに書かれている。


私はお礼を聞きたくてお手伝いをさせていただいてるわけでないけれど
でも、ありがとう、という言葉をいただくと
なぜか泣けてしまう。ぐっとくる。

人同士の暖かみとう前に
やはり被災を経験した人というのは強いと思った。

乗り越えなければいけない何かを経験した人は
強くなるし、心がひろくあったかい。

きっと全てではないし、今もどうしてと思い悩んでいる人も
いらっしゃるだろう。
しかし、出口のないトンネルはないし、止まない雨はない。
いまは立ち止まっていたとしても、
人は歩くようにできている。

わたしはその一瞬のほんの隙間でお手伝いができたら
それで十分だと考えている。

それでも、こうして、わざわざ届いた手紙を手にすると
嬉しくて、嬉しくて、先が見えないのに、動いてよかったと
心から思う。

梱包をしている時に、なぜか1冊だけ足りない
しかも第1巻が足りないダレンシャンを自宅から持ってきてくれたり
魔女の宅急便も2巻と3巻があるのに、1巻がないというと
またもうひとり自宅から寄付してくれた。

20年も前の本だけどと言いながらも、とても綺麗に保存されていて
少女時代からの宝物、さらに加えて言うならば
もう絶版の本たちを快く寄贈してくれた方もある。
一人は東京の方で、一人は私の息子のチェロの師である。


何より、会ったこともない私に
本を信頼して預けてくださった方々に心からのお礼を。

ありがとうございます。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-05-25 21:27 | 名古屋から・・

支援していて思うこと。

最近強く思うこと。

現地での活動費(ガソリン代など)送ってあげたい。
現地の本棚を用意したい。


どちらもものは無理なので、
思い切って、義援金を集めるのがいいのだろうか。

と悩みつつ。

わたしはすでにいっぱいいっぱいなので
義援金を集めることまでできません。


沿岸の小学校は、校舎を今後どうするかの問題もあるけれど
本を置きたくても、置く場所も本棚もない場合もある。

どんな本棚が欲しいかは
場所によっても違う。

強化段ボールもいいのでは?!という話もある。

引越先が決まっていないのに
本棚を買う人いないよね。

引越先のめどがたたないのに
本だけ買う人いないよね。

その規模が何千冊という規模なのだ。

本当に、全然復興なんか、していない。

していないのだ。


これから。まだようやくはじまったばかり。



追記,いわき市の支援始まりました。でも、想像以上の現状です。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-05-14 21:24 | 名古屋から・・

名古屋からレポート

名古屋からのレポートとして出したことはないのだけど
GW前ですが、子どもたちが通う園で
岩手の沿岸部の保育園の支援をひとつ父母会で頼みました。

その様子はコチラ。
f0174389_22142383.jpg


f0174389_22142958.jpg





f0174389_22143380.jpg



そして、お礼状が届きました。

f0174389_2217766.jpg




最近支援した場所からお礼状が届いたり
電話をいただきます。

話を聞くたびに涙がでます。


ありがとうございました。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-05-14 21:23 | 名古屋から・・

松屋銀座でのチャリティー

先日、東京に行ってきました。
それは松屋銀座さんと打ち合わせをするためでした。

ツイッターで知り合ったポプラ文庫さんの方の紹介で
松屋銀座で行なわれているチャリティーの催事で
集まった絵本をこちらで送付先の手配をすることになりました。

もちろん本の収益金も寄付なんですよ。


ちなみにポプラ文庫さんには、すでに何園も送付のお手伝いをいただいている
強力な仲間のひとつです。

f0174389_10284137.jpg



こちらのポスターが3カ所に貼られています。

すでにBOXも2回満杯になったとか。


同時に、3年がかりで準備をはじめてきた

「島田ゆか&ユリア・ヴォリ絵本原画展」
をしています。

バムケロファンなら必見の展示会ですよ。
早めに行って、カフェでバムケロに出てくるパンや
ケロちゃんのパンケーキを食べるのもgood!


ユリアさんの原画は、絵本ミュージアムで拝見していらい
絵本で見るよりもさらに原画で見る方が
色使いのセンスの良さに見惚れます。

フィンランドの公共ポスターなど
あまりの洗練ぶりに、羨ましく感じることも。



なにより、世界の絵本作家チャリティー展の原画が見応えあり。

駒子さんの原画はなかなか見られません。

こちらの原画は原画の販売なので
同じものは複製で出ないので、いましか見られないですよ!


バムケロのグッズの多さにも、人の多さにも目眩がしますが
5月9日までまだもう少しあります。

ぜひおでかけを!
[PR]
by minnaonajisora | 2011-05-05 21:20 | 名古屋から・・

発送(福島、岩手)

とある場所から緊急で救援物資の声がかかり
急遽、集めて岩手に送る。

と、同時に、福島で新たな支援先が続々決まったので
その箱や、いつもUさんが前半の連休で回れる箱を送る。

片付けながら始めた清掃と本のクリーン作業と梱包作業は
気づいたら新聞やさんのバイクが聞こえてきた。


合計で13箱。

店先の使用前、使用後

お店は協力してくれているお店のひとつピコットさん
f0174389_22324667.jpg






f0174389_22325047.jpg




まずはみんなのもとへ。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-28 22:13 | 名古屋から・・

梱包作業

4月10日
保育園時代からのつきあいの子どもたちが(長女の同級生)
本の選書と梱包作業にきてくれた。

これは、小学生、
これは、うーん。高学年かな。

これおもしろいけど中学からのが絶対いい!


などなど、本好き女子3人が集まれば作業がはやい、はやい。

保育園の支援で岩手の釜石の箱はみんな彼女たちがセレクトしました。
f0174389_5105662.jpg





f0174389_511143.jpg






f0174389_511751.jpg




そして最後はおにぎり。うちの旦那特製。
永谷園のお茶漬けおむすび。
f0174389_5111923.jpg





そして、これがジョイセフの荷物です。
f0174389_5123829.jpg




結局、片付けながら箱を作ってたら
鳥が鳴いていました。><
全部で11箱、今日は出荷します。

箱はジョイセフと、山田町の園と郡山です。


少しだけ寝よう。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-19 05:09 | 名古屋から・・

「みんな、おなじ空の下で」本を届けています。

桜色の世界に黄緑が見え隠れして
新緑を匂わせる時期がきました。

過ごしやすい日中になり
冬はもういないのだと、つい先頃思いました。


子どもたちは進級をして
あたらしい時間を歩んでいます。
被災地はようやく新学期を迎えたところや
まだまだ迎えられない場所など様々です。

先日起きた地震の被害の方が大きかったという場所もあるようです。
ずっと断水したままでやっと水が来たらあの地震で
結局5日間しか水が出ない、という地域も。

報道には出てこない話がたくさんです。

さて、支援先を報告します。
4月の第1週 岩手の釜石市の7つの園に支援が決まりました。
先週、7つの保育園に絵本や文具を送りました。
詳細はまた報告します。

そして現在、岩手県山田町に11の園の支援が百町森さん経由で決まり
「みんな、おなじ空の下で」のプロジェクト賛同者のみなさんで9園を支援しています。

現在、ジョイセフを通して被災地に送る第2便を調整中です。


明日友人のビストロのオーナーシェフのFUCHITEIふちさんが七ヶ浜に向けて
コンソメスープを5人で持っていくそうです。
七ヶ浜はWさんが何度も足を運んでくださっている場所なので
遊べる絵本と文具などをいれて一箱お願いしようと思います。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-18 18:07 | 名古屋から・・

10箱の思いを被災地へ

とても野菜作りを愛している知人が
生産者の仲間同士で野菜をいっぱい乗せ
岐阜までおいしい水を汲みに行き
石巻まで炊き出しボランティアにでかけます。

今週末出発とのことで
絵本も一緒に配ってくれるとのこと。
急遽、今日までにミルさんやクラッベに持ち込まれた絵本と
この週末に届いた箱のなかから
クラッベさんと絵本と本箱を作りました。
上質の絵本とよりすぐりのYAたちが被災地に向けて走ります。

石巻まで行かないとどこで炊き出しをするのかはわからないそうで
まだ目的地はわかりません。

でも不便な場所に行くことはかわりないので
あらたな場所に絵本が届くことを望みます。


声をかけてくださってありがとう。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-04 19:02 | 名古屋から・・


3・11に東北を襲った大地震。わたしは救援物資以外に必要なものは絵本もあると考え届けました。


by minnaonajisora

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじまり
お知らせ
仙台
郡山
いわき市
会津若松
福島県 川俣町
岩手
新潟
他地域
ジョイセフ
本棚支援
名古屋から・・
トランスパレント支援
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧