カテゴリ:未分類( 4 )

2012 2月の動き

更新が止まっていてすみません。


最新の動きを報告します。

2月 世界の山ちゃんから、義援金20万円を 仙台の窓口のWさんを通して
  被災地の幼保などにわらべうたを届けているKさんに寄付をしていただきました。

  福岡の廃園になる幼稚園から寄付の申し出がありました。
  宮城県の利府の幼稚園が津波で半壊でようやくお引越となり
  ちらへおもちゃなどの備品費用になることが決定しました。

  静岡 百町森さんから電話。
  剣玉を寄付したい方がいて、全部あずかっているとのこと。
  寄付先の小学校を探しているとのことで
  いわきの小学校か学童を検討することに決定。
  どちらも避難区域の小学校

  あやとり紐とあそび紐をみんなで製作中
[PR]
by minnaonajisora | 2012-02-16 23:18

福島郡山市からのリポート vol.15

5月26日

高齢者施設の定例訪問日でした。
OチームのSさんと、学習支援のМさんと三人でお邪魔してきました。
この施設でも原発避難の方を受け入れていて、
職員数は同じなので大変とのことでした。

また、地震の後ボランティアの来訪が少ないそうでとても喜んでくださいました。
いつも下手な読みきかせや紙芝居にお付き合いいただいて申し訳ない気持ちで
す。

帰りに、先日電話でお話した7名の避難転校生が居る小学校へ寄ってサイン本7名
分と、その他の本一箱届けました。
(このサイン本とは原発で避難している子にぜひと上田真而子先生から寄贈いただいた
『氷の上のボーツマン』です)とても喜んでくださました。

ある先生は、家庭訪問したのだけどめぼしい家具もなく、
なんにもないということ
の大変さが身に沁みたと、言っておられました。
 

学習支援のМさんは、図鑑と安野光雅さんの算数の本を喜んでくれました。


Sさんは、バッグを、手渡したい避難所のお年寄りがいるようです。
それにしても、こんなに丁寧に作られていてと、三人で、手に取ってはひっくり返
したり眺めたりして、唯々、感心しました。

我が家の庭は、忘れな草のかわいい紫色があちこちで小さな花をつけています。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-05-26 21:28

チャドからのテガミ 石巻篇

f0174389_15482331.jpg




チャドは先日私たちが託した10箱を積んで、
たくさんの野菜や、途中魚を仕入れて被災地に向かった。

帰ってからの話を直接聞きたかったけど
偶然会うことができず・・・。

今日ミルに行ったら手紙があった。
両口屋是清の包装紙で作ったミニ封筒。
これがなんだかとてもキュート。

チャドの字は、チャドそのものにみえた。

手紙によると絵本たちは「ピノッチオ」「ひまわり保育園」に届き
ほか避難所の子どもたちにも絵本を選んでもらったらしい。

そのなかで「おばあちゃんが『昔よく読んだ、なつかしい・・・』と感動されたのを見て
泣きそうでした」と書いてある。

うるうるする目のチャドがすぐに浮かび、わたしももらい泣き。

津波で絵本が使えなくなった場所だからみんな喜んだという。

チャド元気かな、どうだったかな。
なんて考えながらミルに向かったから
この手紙はサプライズだった。

ありがとうチャド。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-04-28 00:44

相談して、決めました

どこをメドにするかわかりません。
民医連の方々は、地震から1年後の今年ハイチに絵本を送りました。


夫とも相談して、いずれ必要だと思ったそのときに
絵本を被災者へ送ることを決めました。

まずは、どう集めるのか、選出方法
どこで保管するのか

細かいことを決めていかないといけません。

現状の復帰に関して、取引先はすでに募金箱を設置し
従業員、取引先に被災者がいれば全面協力をすることを
決定したところもあるようです。

わたしは、節電や募金箱で協力することしか
いまの復帰には協力ができません。
もちろん祈ることも含めて。


なので、もう少し先のことを今から動くことにしました。

ある方の記事には、当時6年生だった彼は父親と一緒に
神戸の被災地を絵本や本、おもちゃをもって走り回ったそうです。
本人も被災者だったけど、家屋も自分たちも無傷ですみ
父親がこどものために、退屈せんように配ろうと決めたのだそうです。


生き死にの真っ最中だからこそ
こどもを守りたい。
少しでも安らぎを与えたい。

わたしがその場にいたら、その親子と同じことをしたかもしれません。
でも、わたしはその場所にはいません。
遠い場所で、動けないでいます。

現状もテレビでしかわかりません。
だからいま闇雲に動くのではなく、

この先を考えてできることを模索していました。

こんな時だからこそ、希望がいる。
そう思います。


ご協力をお願いしたりする時もあると思います。
情報を求める時もあるかと思います。

そのときは、出来ることでお力をお貸し下さい。
[PR]
by minnaonajisora | 2011-03-13 14:49


3・11に東北を襲った大地震。わたしは救援物資以外に必要なものは絵本もあると考え届けました。


by minnaonajisora

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじまり
お知らせ
仙台
郡山
いわき市
会津若松
福島県 川俣町
岩手
新潟
他地域
ジョイセフ
本棚支援
名古屋から・・
トランスパレント支援
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧