仙台からリポート vol12 女川

不思議なご縁がありました。

協力いただいている福島郡山市のUさんと
仙台のあゆむネットで動かれているKさんはお知り合いで
もちろんKさんとリポートを書いてくださるWさんはお仲間で・・・。

Kさんはわらべうたの先生でもあります。
Uさんに送るはずの本たち
どれもセレクトをきちっとしてくださった集りの方々のもの

Kさんから女川の状況を伺ったUさんは、
私より先にKさんへと連絡をくださいました。

そこで急遽行き先が変更。


そして、その箱たちは、気仙沼、女川、石巻に
KさんとWさんによって届けられました。
避難所や保育所や様々です。


********************



女川・・・
3ケ月になるのに酷い状況です。

コンクリート粉々
アスファルトバラバラに捲れ、
魚の腐敗した匂い、ハエ の多さに衛生面も心配です。


高台のコンクリートには、津波が付けた後がくっきりあり、
建物が転がったまま、水も引かず、、、


絶句。



幸いな事に園舎は無事。
匂いも届きませんが、先生たち職員のケアも必要です

6月12日、入所式。
町の状況を見ると先生たちが、ご苦労された様子・・・
痛い程に伝わって来ました。


先生たちへのケアも必要です!!


クラスごとに非常持出し袋用にリュックとおんぶ紐の要望が有りましたので、
早速、仙台に戻り、Kさんがお預かりし ている『義援金』で購入しました。


子どもたちは、一見元気そうに見えますが

泣き方がおかしいそうです。



雄勝町もまわって来たのですが、
小学校、中学校、公民館など建物4コ以外、、、基礎のみです

何も有りません。


何も無いのです。




重機が入っていたのですが、被害地域が広過ぎて
大きなはずの重機が、とても小さく感じました。


暮らしていた家が、基礎だけ。


津波が、全ての日常を奪っていったこと を痛感しました。



*********************



わたしはどこかで、「もう三ヶ月」を思っていたのだと
Wさんと話して思いました。
そしてその浅はかさに泣けました。

福島ばかりに気をとられて
きっと岩手も宮城も想像以上に進んでいると信じたかったのかもしれません。


これが三ヶ月経ってもまだある状況です。
報道の復興の兆しはなんでしょう。

これがおなじ空の下に住んでいる日本の現状です。
痛いですね・・・。
すごく心が痛みます。



女川には何もありません。
例えば保育士の支援がしたくても
宿泊施設なんてどこにもありません。

買物はみなさんどうされているのでしょう。
銀行はどこに行っているのでしょう。

車だって流されているだろうに・・・・。
f0174389_945866.jpg



f0174389_945552.jpg


f0174389_945296.jpg


f0174389_944994.jpg




f0174389_944630.jpg




f0174389_944368.jpg




f0174389_943953.jpg




f0174389_943736.jpg


f0174389_943358.jpg



f0174389_943019.jpg




f0174389_942641.jpg



f0174389_942377.jpg

[PR]
by minnaonajisora | 2011-06-15 21:31 | 仙台


3・11に東北を襲った大地震。わたしは救援物資以外に必要なものは絵本もあると考え届けました。


by minnaonajisora

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
はじまり
お知らせ
仙台
郡山
いわき市
会津若松
福島県 川俣町
岩手
新潟
他地域
ジョイセフ
本棚支援
名古屋から・・
トランスパレント支援
未分類

以前の記事

2012年 12月
2012年 02月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧